高橋大輔選手

高橋大輔選手と熊川哲也さんの対談を見て

投稿日:

今回は高橋大輔選手の膝の怪我のことを探していたら、

外来の患者様から、この対談の中で、膝の怪我のことが、、、。

と教えていただいたので、早速見てみました。

ら、

とても興味深い対談だったのですね。

これは、怪我のことだけでなく、

男として、みてよかった!

と本当に思いました。

気になった箇所を拾いながらいきたいとおもいます。

スポンサーリンク






ちなみに

Daisuke Takahashi Talk w Tetsuya Kumakawa English Subtitiles @YouTubeより

https://youtu.be/BCWsIXxcLLw

参考にさせていただきました。

始めから、

美しい男二人!

なかなかびっくりする表現ですよね。

ちょっと驚きから始まりました。

そして人を感動させる男たち!

カッコいいですね。

しかし、

この熊川哲也さん、

すごい人ですね。

話し方、雰囲気一気に引き込まれますね。

そして圧倒的な存在感。

そしてその一言一言の重さ。

さすがバレーダンサーの第一人者ですね。

ジャンプの話がありましたが、

なるほどなぁと気づかされましたね!

ジャンプの後の着地で、頭が先に出るとたしかにバランスを崩しやすいですね。

今まで全くそんな観点がなかったもので、目からウロコでした。

まだまだ勉強することは多いですね!

怪我のことも(これが知りたかったわけですが)ありましたね。

高橋大輔選手が話しながら自然と手が行っていたので、話の臨場感もかなりのものになりました。

みなさんの情報と、照らし合わせて考えると、

脛骨と大腿骨の関節面付近でACL付着部の極近くで、やや内側なのでしょうね。

着地の際に膝が入って、体重がのって、、、。

なんとも生々しい表現で、

膝のあのぐにゃっとした感覚がわかるようでした。

しかし、当時はやはり大変だったのですね。

膝が伸びない。

体重がかけられない。

まさにそうだったのでしょうね。

そして、このことを熊川さんがしっかり理解されており、更に

体幹のブレは、、、。

と、その大変さをとても理解されていたことにさすが超一流!と思いました。

本当に厄介なんですよね。

痛みだけでなく、動作の全てが狂ってしまうわけですからね。

この部分だけで、私としてはこの対談の意味が十分すぎるほどありました!

そして更に、

熊川さんが2回転と、3回転は倍以上の、、、。とありましたね。

まさにそうなのでしょうね。

フィギュアスケートでも、同じなのでしょうね。

3回転と4回転では、まるで別世界、体にかかる負担は全く違ってくるのでしょう。

その分膝への負担ももちろんかかるわけですよね。

スポンサーリンク






しかし、こうして理解してくれる方がいらっしゃるというのは、高橋大輔選手は心強いですよね。

最終的には自分との戦いになるわけですが、他種目で話ができるっていうことは本当にありがたいですよね。

私も大学時代は他種目の友人とよく怪我の話をして、自分を納得させていました。少し懐かしい思いになりました。

すいません、話を戻します。

しかし、高橋大輔選手、やはりといいますか、

ジャンプ、着地は感覚だったのですね。

感性でできるのですよね。

身体が勝手に動いてくれるのですよね。

やはりだったので安心しました。

こういうタイプの選手は、

地道な練習の反復で、身体は鍛えますが、やはりメンタルの調整が最終的にはものをいうことが多いです!

やはりでしたね!

そして、また熊川さんが、

上肢と下肢の話をしてくれてましたね。

これはもちろんしっかりした体幹があるからのことなのですが、

まさに

上肢と下肢が分離して動かせるというのは素晴らしい!

これが

上手い人は、何やってもうまい!

って言ってましたね!

まさにその通りだと思います!

本当に熊川さん素晴らしい!

よくご存知!

本当にこんな話ができるって

高橋大輔選手は羨ましいですね!

これができるのはまさに、

高橋大輔選手の素晴らしさがなせる技ですね!

高橋大輔選手だからこそ。

本物だからこそですね!

二人の天才の対談、本当に素晴らしいです。

怪我を知っていることのメリットもかなり熱く話してましたね。

本当に限界を知っておくということは、何事にもおいても大切ですよね。

人生においても。

しかし、その限界を知っているということは、そこを伸ばす方法も見つけられるということです。

わからなければただガムシャラにやるだけですが、怪我をするといろいろ考えるようになり、そしていずれそこを乗り越えなければならない時が来ます。

その時こそ伸びる時ですね。

そんなわけで、

高橋大輔選手、

もちろん、この間の怪我を乗り越えた

宇野昌磨選手も、

更なる才能を発揮してくれることでしょうね!

最後に、

熊川さんの

やればできる、じゃあやれ!

でしたっけ。

まさにそうですよね。

私は

できるようになるまでやる!

です。

かなり初期の頃のブログに書いていたので、

表現は違いますが、なんだか、

嬉しかったです。

さて、

この対談、

本当に素晴らしかった!

本物、そしてお互いを尊敬する二人の対談。

かっこいいですよね。

こんな対談ができることって、

男として憧れますね。

高橋大輔選手、熊川哲也さん。

本当にありがとうございます。

人生のあり方を教えていただいた気分になりました!

では、今回はこの辺失礼します!
スポンサーリンク






-高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.