腰痛

腰痛 〜後頭下筋群編〜

更新日:

今回は後頭下筋群編ですね。

???後頭下筋群(こうとうかきんぐん)???って感じの方が殆どだと思います。

いつもながら、私もそうでした。
むしろ知ったのは、3年ほど前。

知ったとき、分かったときは目からウロコでしたね!

あ〜だから、ここなんだ〜!
納得!

という感じでしたよ。

ちなみに話はかなり先のことになると思いますが、この後頭下筋群の場所は

「クリニオセイクラルリズム」

と関係してくる場所ですね。

さて、話を戻して。

後頭下筋群というのは、

後頭隆起(こうとうりゅうき)
のすぐ下の後頭下関節というところですね。

後頭隆起と第1頸椎が形成する関節の所です。

ここに

「大後頭下筋」

という筋肉と、

「小後頭下筋」

という筋肉があります。

さてさて、またまた

あれっ?

と思った人。

その通りです。

なので、腰痛と関係があるんですよね!

???の方説明しますね。

後頭下筋群というのは、

後頭隆起の所なわけですね。

この場所というのは、

脊柱起立筋がつく場所ですね。

脊柱起立筋の深部に

後頭下筋群があるわけです。

つまり、この後頭下関節が緩むということは、脊柱起立筋が緩むわけですね。

ということは、腰部も緩むわけですね。

一つの筋肉、もしくはひとかたまりの筋群の起始もしくは、停止部が緩むということは、その他方も緩むわけですね。

この考え方って大切ですね。

当たり前なのですが、案外考えなかったりしますね。特に若い頃は。

スポンサーリンク





ほぐし方は、

臥位でも座位でもできますが、

まずは、臥位がやりやすいでしょうね。

私は両中指でほぐしていきます。

両母指で側頭部、

両示指で乳様突起を支えます。

まあ、持ち方は行いやすいやり方でアレンジしてみてくださいね。

この持ち方は、頸部のアプローチをするときも使います!

座位の場合は持ち方を変えて、両母指で緩めていきます。

さて、いつもながらこの辺りで今回も終わろうと思います。

触る場所がわかれば後は練習ですね。

自分のやりやすい方法を何度も練習して腰痛治療に役立ててくださいね。

それでは、

また

???

であったり、気になることがあったら、遠慮なくお問い合わせしてくださいね。

それでは、失礼します!

-腰痛

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.