リクエストにお応えして

リクエストにお応えして〜ドミトリー・アリエフ選手〜

投稿日:


世界は広いですね。

初めて知り、

初めて演技を見させていただきました。

参考は

EC2018 Dmitri ALIEV SP https://youtu.be/0GZNM02E2As @YouTubeより

https://youtu.be/0GZNM02E2As

EC2018 Dmitri ALIEV FS https://youtu.be/HzTJ6R1rsZk @YouTubeより

https://youtu.be/HzTJ6R1rsZk

手足が長く、

なかなかダイナミックな動きをする選手ですね。

スポンサーリンク






さて、早速ですが、

ドミトリー・アリエフ選手は

B2タイプではないかと

推測します。

スケーティング時に

あまり前傾姿勢にならない点と、

ジャンプの時に、

熊川哲也さんが言われていましたが、

高橋大輔選手や、

熊川哲也さんの場合は、

頭が突っ込んだ状態、

つまり氷面に対して、

体の軸が斜めに入った方が

安定したジャンプになるようですが、

ドミトリー・アリエフ選手の場合は

垂直に近いようなジャンプご多いように思われます。

また、

スピン時の軸が後方で、

足首から、

首のあたりまでが

一直線のように見えます。

つまり後方重心の方が動きやすいのではないかと思われます。

スポンサーリンク






以上のことから

多分Bタイプ。

そして、

肘の位置が

スピンの時や、

ふとした動作の時に、

割とみぞおちより高めで、

かつ、

開いた動きが多いように思われました。

と言うことから考えると、

2タイプ!

ということで、

ドミトリー・アリエフ選手は

B2タイプではないかと思われます。

B2タイプと言えば、

ステファン・ランビエール氏

が、B2タイプと思われますが、

いかがでしょうか。

個人的には、

スピンの仕方は二人は似ているように思いましたが、

詳しい方、是非印象を聞かせていただきたいです。

少々言い訳じみた言い方になりますが、

臨床であればいつも、

目の前で動作をしていただきながら、

複数のテストを行って

確実性を上げていきます。

そして最終的に、

このタイプ!

なので、

体の動かし方、

重心の取り方、

物の持ち方、

歩き方、

などをアドバイスしていきます。

なので、

動画だけで見ると違って見えること、

また、運動の特異性で、

そよような動作でしか、行ってはいけないことがあるようなので、

もしおかしいのでは?

と思った方がいらしたら、

遠慮なく教えてください!

というわけで、

今回は、高橋大輔選手ファンの方からのリクエストでした

ドミトリー・アリエフ選手でした。

また、皆さんこういった感じで構わなければリクエストしてください。

それでは失礼します。
スポンサーリンク






-リクエストにお応えして

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.