4スタンス理論 フィギュアスケート リクエストにお応えして 宇野昌磨選手

リクエストにお応えして〜アイスダンス〜

投稿日:


では、今回も初ですね。

なので、技術的なことは全くわかりませんので、

少々妙な表現などありましたら、

教えていただきたいです。

では、

参考は

https://youtu.be/g5otjxFTETY

話に入る前にですが、

なぜアイスダンスって言うのですか?

ペア?

とか思ってしまいました。

すみません。

こんなレベルです。

スポンサーリンク






話を戻して。

演技は

もちろん素晴らしいです!

さすがゴールドメダリストカップル。

今回私が着目した点は、

二人のシンクロした動きはもちろんなのですが、

男性の手の使い方、

というか、握り方ですね。

多分、

いや、間違いなく

二人ともAタイプでしょう。

二人ともが同じタイプでなければ、

あのシンクロした動きは

困難なはずです。

違うタイプでしてら、

微妙な違いが出て、

採点競技では、

その微妙な違いが、

影響すると思うからです。

そして、

1タイプのはずです。

これは先に言った握りから判断しました。

男性が、

しっかり固定するときは

親指と、人差し指で、

しっかりと握っていて、

逆に女性をスピンするときは、

親指と薬指で軽く握っているように

見えたからです。

この握りかえは、

すごいと思いました。

少し見えにくいかもしれませんが、

気をつけて見てみてください。

意識して行っているのか、

無意識レベルで行なっているのかは

わかりませんが、

絶妙でしたよ!

スポンサーリンク






少し握り方からは話が逸れますが、

最近

Aタイプの選手は、

股関節がよく開くのかな?

と思いますが、

皆さんどう思われますか?

今回の男性の足の開き方と、

宇野昌磨選手の足の開き方、

プルシェンコ氏や、

ヤグディン氏も

みんな同じ開き方をしているんですよね。

あ、高橋大輔選手は

どうだったか、未確認なので

また見てみます。

また詳しい方教えてください。

特に経験者で、自分はAタイプって方がいらっしゃったら、

是非教えてください。

というわけで、

話は戻りまして、

素晴らしいシンクロした動きは

二人ともがAタイプであり、

更に男性の握り具合から、

1タイプ。

つまり二人ともA1タイプで

その握り方の絶妙さゆえに、

しっかりした固定が効きながら、

動くところは握り方を変えることで、

その動きに順応している。

こういうことが自然とできているので

(意識的かもしれませんが)

素晴らしい演技につながっているのではないかと

推測します。

もちろん、

男性、女性の体格も大切ですね。

ブレない体幹の強さも大切です。

さて、リクエストにお応えしてでしたが、
ちゃんと応えられているでしょうか?

なんか違う?とかありましたら、
遠慮なく言って下さい!

では、今回はこの辺で失礼します。

また皆さまからのリクエストお待ちしております!
スポンサーリンク






-4スタンス理論, フィギュアスケート, リクエストにお応えして, 宇野昌磨選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.