フィギュアスケート 宇野昌磨選手 高橋大輔選手

足の話

投稿日:


さて、

前回はミッドソールの話でした。

その時に、

当院にいる靴の専門家(理学療法士)と

話をしてて、

思ったこと(スケートに関して?)を書きたいと思います。

スポンサーリンク






まずは基本からですが、

歩くときは、

一般的に踵からついて、

一旦外側に開きながら、

最終的に足の親指側に

重心線が抜けていきます。

これがいわゆる一般的な歩き方です。

もう少し説明しますと、

踵をついてから(踵の骨)

足の小指の骨の辺りで地面を踏んで

足の親指側にシフトしながら

反対側の足の踵がついていきます。

以後は繰り返しです。

さて、足を診るといろいろなことがわかります。

いわゆるタコができていたら、

そこにストレスが集中する歩き方や動き方をしているのだな。

扁平足であれば、

小指側の骨であまり衝撃を吸収できていないのだな。

踵のつく向き、角度を診ると、

膝が悪かったり、腰が悪かったりします。

こんな感じでいろいろわかります。

スポンサーリンク






さて、インソールや、フィギュアスケートとどんなつながりがあるかというと、

足を診れば、

その選手の動きのクセがわかります。

それが4スタンス とあっていれば、

特に修正はいりません。

しかしポイントは

4スタンス と違っているときです。

これは修正した方が、

パフォーマンスは上がりますし、

怪我をしにくくなります。

それをインソールで、修正しながら、

ミッドソールで、ダメージを軽減できたり、

踏切やすくできるようにするというのは、非常に有意義なことだと思います。

さて、

うちの靴の専門家に聞いたときですが、

その専門家もミッドソールのことについては、まだよくわからないということでした。

つまり、これからの分野なのですね。

そこで、インソールだったらどうすると聞いてみたんです。

そうしたら、

まずは柔らかい素材で作る!

と言っていました。

これは衝撃を和らげるからだそうです。

スポンサーリンク






ところで、全部を柔らかく?

と突っ込んでみました。

ここからが、興味深い話です。

土踏まず、もしくは、親指の付け根あたりは柔らかく、

小指側は少し硬め。

ということです。

これは、なるほどな。

と思いました。

先ほどの歩くときの

重心の移動を思い出してください。

そして人というのは、

無意識のうちに最も効率よく身体を動かそうとするものです。

これが何らかの形で狂うと、

ひざ痛や、腰痛、などの症状、

そして怪我につながるわけです。

さて、

踵から小指の骨で受けると、

物質的に硬いもので受けることができます。

これを筋肉で受けるとなると、

かなりの力がいることになります。

筋肉を使うということはエネルギーを使います。

しかも過剰に使うとなると、

いわゆる燃費が悪くなるということです。

そのためにはエネルギー消費はなるべく少なくした方がいいです。

ということで、

(伝わっているでしょうか?)

骨で受けることが大事なのです。

いや、厳密には、骨の表層には、

筋肉があり、脂肪があるので、

衝撃を吸収しながら行えてますから、

安心してください。

そして、話がこんがらがるかもしれませんが、

踏み切るときを考えましょう。

これは反力が必要となります。この反力は大きいほど力になるわけですから、いいと私は考えます。

そこで、インソールを作る際には、

骨で受けれるように、土踏まずを少し高めにして、

(そうすると、自然と小指側で接地しますよね)

その上で、そこの素材を少し硬めにします。

そうすると、うまく反力が使えて、

スケーティングは力が抜けて、

そしてジャンプのときは大きく力が入られるので(これわかります?)

スケーティングのときは、足は蹴らなくても、骨やインソールの硬さを利用した最小限の力で動けるはずです。

という意味です。

ジャンプは大きな力が必要なので、硬い方が、さらに力を伝えやすい。

という意味ですね。

というふうに作るといいんじゃないかな。と思います。

そしてインソール、ミッドソールと分けれるならば、

インソールは足の裏の感覚のことを考えて、同一素材で。

その分ミッドソールで、

内側、外側の硬さ変えてみるといいのかな?

想像が広がるな〜と、

小塚崇彦さんの話を見て思いました。

あくまでも仮説ですから、実際作るとなるとかなり大変だと思いますが、

理論的には面白いものができるのではないかと思います。

あとは、費用ですかねー。

でも、こうして怪我が予防できたり、
怪我をしてもカバーできたりすると、

高橋大輔選手の膝や

宇野昌磨選手の足首の負担も

かなり違って、さらなる高みに登っていくのではないかな。と思います!

さて、

今回はこの辺で失礼したいと思います。

まだ全てを伝えられたわけではないので、折に触れて書いて行きたいと思います。
スポンサーリンク






-フィギュアスケート, 宇野昌磨選手, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.