フィギュアスケート 宇野昌磨選手

世界選手権2019を見て

投稿日:


いや〜。

見応えのある大会となりましたね〜。

いや、欲をいえば、

みんなノーミスで!

なんですが、

なかなかの魔物が住んでいましたね。

しかし、

個人的には、良いものを見せてもらったことと、

よりFPが楽しみになった!

という感じです。

スポンサーリンク






さて、宇野昌磨選手ですが、

最初の4回転は悔しかったですね。

今までなら、堪えれていたような気がしましたが、

これが魔物の力でしょうか。

練習までは良い感じのように見えましたが、

プレッシャーがあったのでしょうね。

しかし、すぐに切り替えて、

コンビネーションジャンプを冷静に成功率の高い2回転へ。

本当に冷静でしたね。

インタビューが印象的でしたね。

あれは、逃げではないですね。

冷静な判断です。

FPでの逆転につなげるための。

なかなか勝負師になってますね。

怪我をしたときの経験でしょうね。

しかしそのあとはやはり素晴らしかった!

FPに期待です。

そして、滑走順が理想的になりました!

これで、FPをノーミスで、

しかもを叩き出したら、

かなりのプレッシャーになるでしょうね。

そしてプレッシャーを与えられる素晴らしい武器をたくさん持っています!

後からの滑走の方が、他の選手の演技を見てから、プログラムを変更できる分、たしかに有利ではあります。

しかし、そこに落とし穴が待っていると踏んでいます。

この三つ巴の戦いそんな甘いものではないとは思いますし、そんなにミスをするとは考えにくいですが、

そらが起こりうるのが、勝負の世界。

迂闊にこれで勝てる!

と、構成点を落とすと、

一つミスをしてしまうと、焦りが生じ、

次のミスを生むことは、

多くの種目で起きてきたことです。

なので、なかなか面白くなったな。

と個人的に思いました。

スポンサーリンク






しかし、

ネイサン・チェン選手の演技は

本当に圧巻でしたね。

本当に素晴らしい!

あんなに、手が動いてましたっけ?

本当に凄かったです。

一人余裕を持って滑れていましたね!

これはさすが最終滑走者!

本当にお見事でした。

さて、

そんなこんなで、

FPもみんなノーミスで、

その上で良い点がでて、

競い合った結果が、素晴らしいことになれば良いですね。

でも、個人的には宇野昌磨選手の大逆転劇を見たい!

けど、ネイサン・チェン選手の

本当に圧倒する演技も見たい!

我ながら、

なかなか我儘になったもんです。

全ての願いを叶えることは難しいので、

せめて、演技をする皆さんが怪我をせずに、悔いなくできることを願います!

では、この辺で

勝手気ままな感想を終わりたいと思います。
各選手の分析は後日!

失礼します!
スポンサーリンク






-フィギュアスケート, 宇野昌磨選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.