4スタンス理論 ネイサンチェン選手 フィギュアスケート 宇野昌磨選手

2019世界選手権を終えて思うこと

投稿日:


改めて、出場した全ての選手に敬意と、感謝を!

素晴らしい大会でした。

さまざまなドラマがあり、

個人的には複雑な感情が入り乱れた大会でしたが、多くの可能性を感じさせてもらった大会となりました。

スポンサーリンク






さて、

ネイサンチェン選手。

私はジャンプは中心軸から半径が近くなるA1タイプがジャンプには有利に!

と思っていました。

しかし、しかし、

ネイサンチェン選手は

私が思うにA2タイプ。

今しがたも、自分の見方が違うのかもしれないと、

見返してみましたが、

やはりA2タイプ。

そのネイサンチェン選手が、

あれだけ完璧に、

しかも余裕があり、

決めていました。

まだはっきりと、A2タイプが

なぜジャンプをあれほど完璧にできるのか、まとまっているわけではないですが、

少なからず、

可能性はかなり広がった!

のではないかと思います。

つまりその先にあるのは、

高橋大輔選手はジャンプにおいてもまだ伸び代がある!

全てのA2タイプの選手の可能性が本当に広がったのではないかと思います!

体幹を捻らないため、動きが大きく見え、

さらに

肘の位置も体側となるため、さらに

動きが大きく見えます。

速く捻って回転するよりも、

捻らない方が安定する?

風の抵抗があった方が、安定する?

一つの推測としては、

抵抗があるということは、回り過ぎなくなるので、着氷は気持ち的にゆっくりできるのか?

と言うことです。

と言っても、コンマ数秒の世界ですが、

このコンマ数秒というのが大きいのかもしれません。

しかし、個人の中で比較しようがないため、やはり推測に過ぎないかもしれないですね。

それよりは個人因子の方が強いのか。

つまりネイサンチェン選手だからなのか。

しばらく考えていきたいと思います。

スポンサーリンク






さて、

宇野昌磨選手。

きっと、いや間違いなく

色々とあったのでしょうね。

しかし、やはりあなたは強かった。

間違いなく、起こったことを

真摯に受け止め、自分と向き合った。

だから、目を腫らした。

自分を弱いと言った。

それだけ、自分を責めた。

しかしこれは、

それだけ本気で、

言い訳なく、

続けてきた証でしょう。

続けてきたあなただから、

いろいろなことが許せなかったのでしょう。

今は気にせず、考え尽くすまで

考え尽くしましょう。

涙を流すのも時には大切です。

堪える必要はありません。

その方がスッキリします。

落ち込む時は落ち込みましょう。

その時間は今後に必ず繋がります。

スポンサーリンク






そして、ご本人がこのブログを見ることはないでしょうけど、

もしなにかの縁があるならば、

少しだけ早く生まれたものとして、

伝えたい。

今は本当に辛いかもしらない。

しかし、それは先につながるものであり、

またあなたにはまだまだ時間がある。

人生と考えると、ゆうに50年はあるだろう。

今回の大会の経験はこれからの人生で、とても大きな財産となり、

今後の人生に潤いを与えてくれるものです。

だから、気持ちの整理がついたら、

少し前を向いてみましょう。

一味違った楽しい世界が開かれてますよ!

本当にお疲れ様でした。

少しかもしれませんけどゆっくりしてください。

さて、勝手にいつも書かせていただいていますが、

この大会ほど複雑な感情が入り乱れた大会はなかったですね。

また明日から私も一歩踏み出していきたいと思います。

よくわからないまとめになりましたが、

この辺で失礼します。
スポンサーリンク






-4スタンス理論, ネイサンチェン選手, フィギュアスケート, 宇野昌磨選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.