フィギュアスケート 宇野昌磨選手 高橋大輔選手

2012国別対抗戦高橋大輔選手FP〜

投稿日:


さて今回は、

前回に引き続き

FPです。

先日の徹子の部屋で

ゾーンに入った演目と言われた

と言うことを、

外来の患者さんに教えていただいたので、見てみました。

参考は

https://youtu.be/T9hF_JbHmQs

ハイライトなので全てではないようですね。

スポンサーリンク






さて、

やはり伝説のプログラムなのですね。

そして、

高橋大輔選手ご本人が認める

ゾーンに入った時の演技、舞。

ジャンプはもちろんですが、

あのステップワーク!

いつも素晴らしいですが、

たしかに一段と凄い。

いや、凄いと言うか

本当に素晴らしい!

最高のパフォーマンスですよね。

あの動きを見ると心が躍りますね。

片手を上方に挙げながら、

下肢は自由に

まるで別の人が操っているかのようなあの動き。

そして体幹をクイッと入れる。

あの動作好きですね〜。

(すみません、超個人的な感想でしたね。あの動きこそが、私は高橋 積水選手たる所以!の動きと勝手に思っています。)

しかし、

この演目の最大の見所は、

実は終わってからでしょうか。

スポンサーリンク






いや本当に、

あのような場面て、

フィギュアスケートの世界でもあるのですね。

私は初めてみたのでビックリしました。

国を越え、

国境を越え、

スポーツの枠組みさえも飛び越えて。

解説の方が言ってましたね。

いいものはいい!

まさにその通りですよね。

いいものはいいのです。

人は本物を見ると感動するのです。

居ても立っても居られなくなるのです。

一部のファンだけではないんです。

全ての人が、

感じるわけです。

オーケストラでもそう、

イチローさんの最後もそう。

本当に素晴らしいものというのは、

ファンの枠組みなど

飛び越えていくのです。

本当に素晴らしい演技であり、

本当に素晴らしいチームだったのだな〜と思います。

(みんな本当にはしゃいで、

そしてお決まりの?ポーズ!)

もちろん、

高橋大輔選手の人柄、

そして多分ですが、

高橋大輔選手はチーム作りに尽力したのでしょうね。

その結果だと思います。

好きなことだけしていると、

こうはいきません。

人は自分のために何かしているときはまだまだだと思います。

人のためにした時に、

このような感動を分け合うことができ、

本当に素晴らしいものになるのだな。

と、この国別対抗戦を見て、

教えていただきました。

スポンサーリンク






さていよいよ、

2019国別対抗戦が始まります。

宇野昌磨選手をはじめとする、

日本選手団。

本当に頑張って欲しいですね。

きっと、

いや間違いなく今回は、

なんのしがらみもなく、

寧ろ素直な気持ちで

気持ちよく

演技ができると思います。

みんなのために。

それが本当に力になるということが、

本当の意味で分かる大会になるのではないでしょうか。

(なんか偉そうにすみません)

ONE FOR ALL

一人はみんなのために

ALL FOR ONE

みんなは一人のために

rugby spiritです。

私の中では、

この、国別対抗戦

多分、

いや

間違いなく

宇野昌磨選手の

プログラムは

歴史に残る

伝説のプログラムになると思います。

完全なフリーで行える、

そしてチームのために行える、

プログラム。

とてつもない能力が見えると思っています。

大期待です!

では、失礼します。
スポンサーリンク






-フィギュアスケート, 宇野昌磨選手, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.