経絡 気功 統合医療 高橋大輔選手

続!高橋大輔選手が入院していたら

投稿日:


はい。

前回の妄想の続きですね。

前回は、

角度設定が60度。

そしてリハビリ開始して間もない時の話でした。

今回は少し進めていきましょう。

だいたいレントゲンが2週間ごとのはずです。

そのレントゲンを見ながら、

リハビリは進んでいきます。

正直、

靭帯の再建なので、

レントゲンには映らない、、、。

ですが、そこは

移植した部分がずれていないか。

とか、他に異常がないかとか。

見ていくわけです。

スポンサーリンク






強度は?

と思われるでしょう。

それは、

今まで多くの研究があり、

その研究結果から、

日数を見ながら、

そして動きを見ながら、

考えていきます。

まあ、この話はもう少ししてからです。

さて、

少し時間を進めて、

最初の難関の

膝の角度を90度まで曲げてていいというorderが出るときまで進めます。

はい。

この時はまだ膝の周りは腫れていると思います。

痛みはまちまちですが、

まだ痛みはあるでしょう。

ちなみに90度まで曲げて良いと言うことは、

だいたいのイメージでいくと、

やっと普通に椅子に座れるようになるイメージです。

スポンサーリンク






(厳密には膝はもう少し曲げないといけませんが、少しご了承ください)

椅子に座れると言っても、

足は地面につけてはいけない。

もしくは、

つけてもいいけど、

体重はかけてはいけません。

これはなかなか不便です。

入院生活ですから、

リハビリ以外の時間は、

普段の生活と同じです。

食事はしますし、

トイレへも行きます。

着替えもします。

装具は着けているので、

ちょっとした動作に

不便さを感じると思います。

着替えのズボンや下着の脱ぎ着。

車椅子とベッド、トイレへの乗り移りetc

リハビリは基本的に

行うことは同じです。

90度をなるべく円滑に曲げられるようにする。

なるべく痛くなく。

しかしこの90度というのは、

曲者。

術後少し時間も経ちます。

身体の組織は

ラットの実験ですが、

1週間もすれば徐々に硬くなります。

2週間もすれば少々硬いですし、

装具をつけている間は、

自由に動かせられないので、

どうしても硬くなります。

硬いと、

曲げ伸ばしの際に、

引き延ばされることになるので、

当然痛みを生じます。

やはり痛いわけです。

しかし、そこは腕の見せ所。

手で触って、

触るという感覚を入れることで、

痛みはある程度緩和できます。

そして、

軽快なトークで、

気を紛らわせながら、

なるべく患部に意識がいかないようにして

リハビリを進めていきます。

時によっては、

冷やしたり、

逆に温めたりして、

痛みをコントロールしながらも行います。

ここで、

高橋大輔選手であれば、

私は色々聞きたいですね〜。

なぜあんなに真摯に打ち込められるのか。

なぜあんなに膝をうまく使えるのか。

なぜ曲を大切にするのか。

など聞きまくりです。

が、

あまり聞きすぎると

多分引かれるので、

ほどほどに。

リハビリは基本的に毎日あるので、

少しずつ聞いていきたいですね。

スポンサーリンク






さて、もちろん、

膝を曲げる以外のリハビリもします。

私の場合は、

身体の他の部分のケアでしょうか。

もちろんA2タイプなので、

その話はしっかりとした上で、

競技の足を引っ張らない程度に、

動作を確認、修正していきます。

と言っても、

まだ装具付きで、

膝に制限があるので、

全荷重をかけられ出してから、

そして装具が外れてからのための

準備ですけどね。

90度を超えると次は

120度。

装具つきでの最大の屈曲角度はこの120度です。

これがまた最初は痛い。

しかしこのころには、

体重の1/3程度かもしくは1/2ですかね。

1/2というのは、

両足をついて、

真っ直ぐ立った状態です。

もちろん、

その場で何も持たずに足踏みはいけません。

これでは、1/2を、とうに超えてしまうのでいけません。

このころには筋肉はかなり落ちてしまっています。

つまりは左右の足のバランスはかなり崩れているわけです。

入院生活も長くなり。

精神的にも辛いころではないかと思います。

先々への不安も出てくるころです。

高橋大輔選手で言えば、

元の通りもしくは

よりパワーアップして退院出来るのかと思われるでしょうね。

ここに関しては、

今までの知識と、経験と

検査の結果を提示して一緒に行うしかないです。

このころには、

もちろんリハビリ室でリハビリは

行なっているでしょうから、

その一挙手一投足が、

周りの患者様への

良い刺激になって、

きっと皆さんの動きも良いでしょうね。

そして高橋大輔選手自身にも良い刺激になると思います。

リハビリは、

年齢関係なく、

皆さんされます。

つまり80代後半や、90代の方々もいます。

その方々が一生懸命にリハビリをされていたら、

それは良い刺激になるはずです。

こんな風に、

周りの方から声をかけてもらったりもするわけで、

それは元気でますよね。

さて、また少し長くなったので、

この辺で。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

またポチッとしていただくと、

次回の投稿もまた気合が入ります!

では、この辺で失礼します。

スポンサーリンク




-経絡 気功, 統合医療, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.