経絡 気功 統合医療 高橋大輔選手

考えるだけでゾクゾクする。続々高橋大輔選手が入院していたら!

投稿日:


さて、今回は時間を進めて、

いよいよ全荷重、

つまり、

体重を全部かけて良くなったところまで進めましょう!

その一挙手一投足が、

注目される中、

リハビリをしていき、

間違いなく、

周りの方々へ

大きな影響を与えながら、

そして与えられながら、

リハビリをする

妄想の中の高橋大輔選手!

スポンサーリンク






全荷重かけて良くなっても、

しばらくは装具をつけておかないと

いけません。

膝の角度は今しばらく120度でしょう。

筋肉は落ちきっているので、

左右のバランスはかなり悪い。

痛みはだいぶ落ち着いたと思いますが、

今度は

落ちた筋肉の状態で、

動かなければなりません。

つまりはしばらくは

筋肉痛との戦い。

膝をかばって腰が痛くなったりすることもあるでしょう。

しかし、

ここを乗り越えなければなりません。

このころになると、

地道なリハビリももちろんですが、

だいぶダイナミックにリハビリをできるようになります。

というっても、

基本はつま先と、

膝の向きは同じになるように、

しなければなりません。

膝に無理をかけたくないからです。

そのためには

足首、股関節の柔軟性、

そして強靭な体幹が必要となってきます。

もちろん、ここから鍛えるわけではないので、

足首や、

股関節の柔軟性は、

ここまでに獲得しておきます。

体幹の強化は言わずもがな。

これまでに身体は作り変えておきます。

その上でのダイナミックな動きをしていくわけです。

そしてその動きは

A2タイプの動きにそくして

行なっていきます。

このあたりになると、

かなりフィギュアスケートに復帰するために

より具体的な動きを詰めて

行なっているでしょう。

スポンサーリンク






リハビリ冥利につきる時でしょうね。

きっと楽しいだろうな〜。

と思います。

重心移動の仕方、

足の上げ方や、

上肢の使い方。

スピンの時の体を捻らずに行う動き!

想像するだけで楽しくなります。

さて、時間をもう少し進めて、

膝の角度の制限がなくなるところまで行きましょう。

さて、

いわゆるリハビリの最終局面と言っても過言ではないところです。

膝の角度の制限がなくなるということは、

正座をしても良い状態までいけるということです。

これはかなりの痛みを生じます。

何しろ、

それまでは、

なるべく負担をかけないようにしていたわけです。

つまり守られていた状態から、

今度は積極的に動かしていかなければならなくなるわけです。

縮こまっていた組織を伸ばすことは、

正直容易ではありません。

本当に痛いものです。

しかしやらなければなりません。

その先に

現役復帰があるわけですから。

かなり歯を食いしばったものになるでしょう。

ここで、

私なりに行うのであれば、

気功です。

スポンサーリンク






少し話はそれますが、

先日のリハビリのことです。

同じように膝を手術をされた方で、

膝の角度は110度程度。

しかし膝の角度は制限なし。

退院後はまどバリバリ働かなければならない方でした。

なので、何が何でも、

膝は曲げ切らなければなりません。

つまりは左右差がないようにするということです。

普通にリハビリをすると、本当に痛いのです。

先程も言ったように、

縮こまった組織を伸ばすわけです。

それは痛みを伴います。

そこで、

少し説明をして、

(もちろん気功とは言いません。

言うと間違いなく

???となります。)

なので、

痛くないやり方で。

と説明して行なっていきます。

するとどうでしょう。

痛みはかなり緩和されていくではないですか。

患者さんも不思議に思われます。

でも実際に曲げてても痛みが落ち着く。

本当に不思議にされていました。

いや、もちろん

だからといって、

いきなり正座ができるようになるわけではありません。

まずは130度。

そして日々5度程度ずつ、

曲げていきます。

一回痛くなく行うと、

あとは信頼関係!

だいたい痛くないやり方で!

と言うふうにご希望されます。

もちろん、

ストレッチもしながらなので、

リハビリの範疇で行えます。

さて、

こう言うわけで、

高橋大輔選手にも

説明しながら行なっていくでしょう!

そして高橋大輔選手は

間違いなく、

感受性が豊かなので、

気功の効きは抜群でしょう。

こうして続けることで、

痛みは最小限に抑えられて、

膝の角度を獲得できるようになります。

そうなると、これが不思議ですが、

気功の場合は

力の発揮も自然と上がっています。

つまりは筋肉の回復も早くなります!

私としてはもっと話を聞きたいですが、

そこは私の都合なので、

少しでも早く回復することが一番なので、

一日でも早く退院できるように、りはあをしていきます。

ただし、

ドクターからの指示を守らなければならないので、

正直スポーツ復帰となると、

3ヶ月以降となります。

つまりは

退院した後も、

通院してもらって

その後のケアおよび、

動きの確認をしていくことになります。

しかしそこは所属場所、

お住いの場所から私の勤務先の病院は遠いため、

退院後のケアは、

ご自宅の病院となるでしょう。

そうなると、

私の仕事はここで終わり、

ではなくて、

実際に行ってきたリハビリのこと、

現状のことを

地面に起こして、

申し送りをします。

そこまでが私の仕事となります。

退院の日は

とても凄いことになるでしょうね。

きっと他の患者様たち、全スタッフから祝福され、

照れながらの退院となるでしょうね!

こういった感じで、

もし高橋大輔選手が入院してきたら、

リハビリを進めて、

そして退院まてまのながらとなるでしょう。

もちろんこれで全てということはなく、

書いていないこと、

細かなことは沢山あります。

もし気になることや、

聞きたいことがあれば、

言っていただくと、対応しますね!

ではこの辺で。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

また例のごとく、

ポチッとしていただくと、

さらに頑張ります!

ではこの辺で失礼します!
スポンサーリンク




-経絡 気功, 統合医療, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.