フィギュアスケート 高橋大輔選手

高橋大輔選手〜アスリートチェック〜

投稿日:


さて、

今回は

アスリートチェック!

参考は

https://youtu.be/3k2sTXntY7c

いや〜、

流石ですね。

身体つきがいい。

スポンサーリンク






映像を見ていくと、

俊敏性のテスト

体幹の筋力測定

そしてFMS

のうち2種類。

と映像であったのは

以上ですが、

多分他にも沢山のテストがあったことでしょうね。

体幹だけでなく、

少なからず脚の筋力も測ったでしょう。

FMSは2種類だけでたましたが、

あれは間違いなく7種類しているでしょう。

ちなみに

ハードルステップと

インラインランジ(in line range)

というテストですね。

また後日、

興味のある方向けに、

詳しく説明したいと思います。

(トレーニングしたい方や、

身体の調子を知りたい方

お怪我をされて心配な方

そしてセラピストの方など)

一応前回に続いて載せておきます。

興味のある方はどうぞ

さて、

高橋大輔選手は

2013年が最後で久しぶりと言ってました。

いやいやなかなかの絞れた身体!

そしてその当時よりパワーアップしている!

本当に素晴らしいですね。

また考え方がいいではないですか。

途中のコメントで、

元々パワージャンパーだったが、

パワーを使える筋肉にする。でしたか。

いわゆる速筋を鍛えるということでしょう。

速筋は、

瞬発的な力を発揮することに長けた

筋肉です。

素早く、

重たい負荷をかけて鍛えていくのだろうな。

と、思いました。

スポンサーリンク






確かにより高く跳べるようになります!

そして

フィギュアスケート会では、

まだ遅れていると言われていましたが、

(現在は変わってるでしょうか?)

DATEを元に鍛えていくことは、

これからのスポーツにとってとても大切なことですね。

数字で見ることができるので、

自分の強いところ、弱いところが

すぐにわかりますし、

トレーニングした結果がすぐにわかりますからね!

この辺はまさに我々の分野!

見ていて楽しいです。

あ、

最近気功の投稿が続いていますが、

DATEに基づいて、

問題点を抽出することは、

まさに理学療法の分野で、

気功はアプローチの分野です。

と言うわけで、

私は使い分けています。

すみません。

話が行ったり来たりですね。

さて、

また高橋大輔選手は

そのフィギュアスケートの特性のことや、

今の子どもたちとは

身体の使い方が違っているから、、、。

と言われていましたが、

そうですね。

色々な人を見ていて気づくことは、

確かに身体の使い方は違いますね。

一般的になので、

もちろん個人差はあります。

が、やはり身体は硬くなっている。

動かし方がギコチナイ。

といった印象はありますね。

その反面、

できる子たちは、

とんでもなくできます。

本当に私たちが子どもの頃とは比べ物にならないくらいの才能を持った子どもたちがいます。

いわゆるスーパーキッズと言われる

子どもたちですね。

様々な子どもたちがいますが、

ある程度決まったテストをして、

数字を出して、

その子に合ったメニューを組み、

基礎体力をたかめていくことは、

これからのスポーツ会にとって

とても重要だと思います。

もちろん、

怪我の防止にも役に立つので、

おおいに行なってもらいたいですね!

その先に、

進化があり、

広くはスポーツ会の発展につながりますね!

いや、今回は時間としてはとても見やすい時間でしたが、

個人的には内容の濃いものでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

さて、今回はこの辺で。

また良ければポチッと!

では失礼します。
スポンサーリンク




-フィギュアスケート, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.