フィギュアスケート 高橋大輔選手

今一度!高橋大輔選手〜近畿フィギュアスケート選手権SP〜

投稿日:


今回は

無性に見たくなり、

今一度見ました!

今見るとまた感じ方、

見方が違いますね〜。

っと、

参考動画は今回URLが見つけられなくて、ないので、

皆さんお持ちの映像を見ながら

振り返ってください。

私もそうしました。

スポンサーリンク






さて、

復帰した当時は、

まさに復帰自体に感動をし、

その演技を見えるだけでよかった。

そして、

俄かファンであった私としては、

やはり点数を追ってしまった。

しかし、

色々なプログラムを見て、

そして

高橋大輔選手という一人の

アスリートとしてみるようになって、

今見ると感じ方が違うのではないか。

見えるものが違うのではないかと思い、

見てみた所存でございます。

そして。

やはり違いましたね。

今こうして見てみると、

高橋大輔選手が

いかに慎重に、

そして一つ一つの動きを

大切に動いていたかわかりました。

それは特に最初の滑り出し、

いや、最初に行う全ての動作に現れていました。

最初のジャンプ。

最初のスピン。

最初のステップなどです。

振り返ってみると、

どの動作もとても優しく、動いています。

それはまさに綿毛をふんわりと包み込むような、

そんな優しさが現れているかのようでした。

手の動かし方も

指先まで意識し、

どの動作も手を抜かず、

そして動きとしては少しゆっくり目。

このゆっくり目というのが

ポイントだなぁ。

と感じながら見ていました。

もちろん久しぶりの試合ということもあったと思いますが、

それ以上に感じたのは、

作品を作り上げることの大切さと言うのでしょうか、

その一つ一つの動きが作品であり、

それを体現していく。

そんな気持ちがあったのではないかと感じました。

そしてそれは高橋大輔選手が

いかにフィギュアスケートに対して

真面目に、真摯に向き合っているかの

表れのように感じました。

スポンサーリンク






ジャンプの着氷も全身を使ってショックを吸収して、

全体としての柔らかさを

出していたのではないでしょうか。

復帰戦を大切にしたい思いと、

作品を大切にしたい思いが

溢れていたように思いました。

着氷がシャープだと、

ちょっとした違和感が残ってしまう。

それさえも

無くして、

全体としての完成度を出したのではないか。

そんな風に思いました。

そしてなんと言いましょうか。

やはり高橋大輔選手の人柄の現れでしょうか。

今見てみると、

本当に優しさと、

真面目さ、

そして何より

何事をも大切にする、

そんな気持ちが伝わってくるかのような

素晴らしいプログラムであったと思います。

梅雨時期になり、

過ごしにくい環境になりつつある中、

なんだか幸せな気分となり、

良いひとときを過ごすことができたように感じました。

皆さんはいかがでしょうか。

また良ければ、

コメントよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

そして、また良ければポチッとしていただくと嬉しいです。

ではこの辺で失礼します。
スポンサーリンク




-フィギュアスケート, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.