フィギュアスケート 高橋大輔選手

高橋大輔選手〜2012NHK杯道化師〜

投稿日:


今回は特に脈絡も無く、

youtube の検索欄

に出てきた一番最初の演目です。

これも何かの縁。

早速みてみましたが、

そういえば、

有名なプログラムなのに、

あまり記憶がない。

ただ忘れていただけかもしれませんが、

その忘れっぽさゆえに

楽しませていただきました。

スポンサーリンク






参考は

https://youtu.be/q8gOEjqmpe8

です。

さて、

始めの立ち姿から決まってましたね〜。

あのちょっと前傾した姿勢が

なんとも凛々しい。

キリッとしていて、

いかにも今から始まるっ!

という感じがとても伝わってきますね。

あ、衣装も

いいですね。

コントラストと言いますか、

何しろ赤と紫の手袋がいいではないですか。

まさに道化師!

プログラム開始前に

いきなり引き込まれていきますね。

しかし

あの始めのジャンプのシャープさは

一体なんなのでしょう。

なんと言いますか、

時間と空間を切り裂いて、

そしてその刹那

すぐにその二つを合わせ直す。

そんなシャープさを持ったあのジャンプ。

すごいですよね。

そしてまた、

道化師とのタイトルに合わした

あの緩急をつけたスピン、

そしてステップ。

前後左右に動きながら、

まさに変幻自在。

道化師って、

誰しもがなれるわけではないですよね。

確固たるスキルと、

ユーモアさ。

今回はユーモアさはまた違うことになりますが、

本来の道化師って、

このプログラムにあるような、

変幻自在の動きができる方なのでしょうね。

変幻自在でいうと、

約3分経過した頃の

着氷が乱れたジャンプは、

繰り返して見てみると、

まるでプログラムの中の一部ではないかと思えてくるから

不思議です。

やはり道化師だからかな?

なんて深読みですかね。

スポンサーリンク






あとで出てくるスロー再生を見たらわかるのですが、

踏切のタイミングでの

体幹の伸び上がりが

僅かに早かった。

そしてその微調整を肩でやろうとして

バランスが崩れたようですね。

いや、崩したか。

とまあ、久しぶりに

理学療法士としての

動作分析でした。

しかし、

プログラム終了時の

あの地鳴りのような

すごい歓声!

本当に選手冥利につきますよね。

話は行ったり来たりになりますが、

もう一つ動作分析?

と言えるレベルではないかもしれませんが。

スロー再生の最初のジャンプって

すごいですよね。

とってもフワって跳んでますよね。

あれは、

まさに体幹が力源となっているジャンプ!

どういうことかというと、

脚でも、

上肢でも、

優位での動作となると、

あのフワっと感が出ずに、

いわゆるふつうのジャンプになるわけです。

体幹が力源というのは、

表現が悪いのですが、

体幹の前後が一定の力が入っている

ということなのですが、

そうなると、

無駄な力を入れないで、

ジャンプができるわけです。

すみません。

スポンサーリンク






わかりにくいですよね。

なんとなく感覚でいいです。

要は高橋大輔選手のジャンプは

素晴らしい。

他の選手とは、

違うということがわかればいいのと、

体幹がしっかり使えているということが、

伝わったらいいです!

いや、あのジャンプは本当に最高でした!

そしてシーズンベスト!

いいプログラムを見せていただきました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

では、

またこの辺で失礼します。
スポンサーリンク




-フィギュアスケート, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.