フィギュアスケート 高橋大輔選手

高橋大輔選手の動きを考える2019.7.9

投稿日:


さて、

皆さんのツイートのおかげで、

色々と考えることができます。

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク






今回は

こちらから。

https://twitter.com/paion2064/status/1147206600769376256?s=21

まずは、

本当にセクシーな動きですよね。

そして、

あの妖艶な雰囲気!

高橋大輔選手にしか出せません。

本当にさまざまな表現ができる方ですね〜。

懐が深い。

そして

動作の

いや、演技の

幅が広い。

素直な感想です。

では動きを見ていきましょう!

って凄すぎるので、

いつもながらあまり野暮なことはしなくても

いいのですが、

やっていきますね。

顔、腕、腰、脚。

身体のありとあらゆる部分を

思う存分、

そして自由に

緩急自在に

操ることができる!

これだけでどれだけすごいことか。

しかも身体がブレない。

素晴らしいバランス感覚と、

鍛えられた体幹。

本当に基礎がしっかりしていることがよくわかります。

そしてAタイプ特有の動きを

存分にできているその素晴らしさ!

腕の動きでいうと、

Aタイプは肩を固定しなくていいので、

肩から両腕を動かすことができるわけです。

そのため

動きが大きい!

つまり大きく動ける。

表現が豊かになる!

そしてパラレルタイプなので

しっかりと体幹と下肢をを連動させて、

つまり捻らず動くことで、

動作を安定させる!

言葉では簡単なのですが、

これが難しい!

まさにナンバの動き!

スポンサーリンク






そういえば、

ナンバの動きって、

いや、違うか、

正しくは

空手のとある本に書いてあった動きですが、

身体は軸を三本作るとあるんですよね。

先ずは頭の先からおへそを通る

中心軸。

そして、

左右の肩、乳頭、股関節を通る

二本の軸。

合わせて三つの軸を作って、

それぞれをうまく回転さすことが

大切とあるんです。

それで、

私が思うに、

ナンバの動きは、

この左右の二軸をうまく使うことが大切と思っていたんですね。

これが最近の

ネイサンチェン選手の動きと、

そういえば合致するではないですか。

という目で見ることと、

このナンバ(私なりの)を合わすとどうなるか、

今回の高橋大輔選手の動きはまさにまさに

この二軸の動き!

いやはや、

さすが。

なるほど、

すごいわけです!

唯一無二と言われるわけです。

自分で書いてて、妙に納得!

二軸をすでに使いこなしていて、

更に上肢の大きな動き!

それに追随する表現力!

そしてあの柔らかな膝の動き!

流石でした。

スポンサーリンク






改めてお見それしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

そういった目で今一度

ご覧ください。

きっと新しい発見があると思います。

https://twitter.com/paion2064/status/1147206600769376256?s=21

では、ご覧になって、素晴らしさを

ご堪能いただいたところで、

失礼します!
スポンサーリンク




-フィギュアスケート, 高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.