ラグビー

ラグビー日本代表VSフィジー

投稿日:


今年は九月二十日開幕ラグビーワールドカップ!

だいぶ盛り上がってきました!

えっ?

盛り上がっているはず?

私だけ?

もちろん、

ワールドカップ見に行きますよ!

いや、日本戦は

テレビですが、、、。

NZ戦を見に行きます!

スポンサーリンク






さて、日本は世界ランキング11位です。

本日は

タイトルの通り

フィジー戦です。

世界ランキングは9位。

今までの戦歴は

3勝14敗。

大きく負け越している相手。

場所は、

岩手県釜石市

釜石鵜住居復興スタジアム。

綺麗な会場ですね。

周りの自然も豊か。

釜石って伝統もあります。

解説は

坂田氏と五郎丸氏でした。

さて、

試合内容は、

先制は日本、

ペナルティーゴールでまずは3点ゲット!

そして続いて前半6分

ラインアウトモールから、

相手を崩し、

最後は10番スタンドオフ田村選手から

キックパス!

11番福岡選手のトライ!

福岡選手と言えば、

その快足ですね。

50mが、5.8秒。

いやとんでもない!

ラグビーで、

5秒台って

本当に半端ないです。

私大学の授業で

ラグビーがあったんです。

もちろん履修しますよね。

何しろ専門ですから。

その時、

同級生で専門種目が陸上競技の

男性がいたわけです。

その彼が5.9秒。

さて、私その時まで

5秒台というのを経験したことありませんでした。

いや、6.0秒はいましたよ!

6.0秒の相手は、

普通に速いわけですが、

これは止められるわけです!

が、

この同級生。

タイム的には

0.1秒の違いのはずです。

ということは、

止められるはずなんです。

が、

実際は、

その0.1秒に泣きました。

私専門でしたが、その彼を止めることできなかったんです。

というか、

あまりにも速すぎて、

触ることすらできませんでした。

いや、私が未熟なのかもしれませんが、

まあ、何しろ5秒台は半端ない。

ということです!

スポンサーリンク






さて話は戻りまして、

続いて、

1トライ1ゴールを返されますが、

その後の日本

サインプレーで、

追加点。

このサインプレーが決まった時って、

爽快なわけです!

良し!

って感じです。

練習は裏切らない!

って本当に思う瞬間です。

しかし、

一旦左オープンへ展開して、

ゴール真正面へポイントを作った後

即座に逆サイドへ。

そのつぎの瞬間に

9番スクラムハーフ茂野選手が

右サイドに流れたところに

14番松島選手がシザースで

入ってきて、ゴールポスト真下へトライ!

完全に、

フィジーは見えていなかったですね。

さらに前半22分。

今度は右へ大きく展開。

ライン隅までボールを動かして、

相手のディフェンスを広げたところで、

左側に返してのトライ。

最後完全にフリーにしてトライをするところが、

今の日本の強さ、堅実さの現れだと思いました!

さらに30分

4つ目のトライ!

6番フランカー姫野選手のトライ!

こうして前半は

29-14で折り返しましたね。

スポンサーリンク






本当に

いい内容でした。

何しろ得点ができている!

攻撃のオプションが多い。

ディフェンスも大きく崩されない。

ボールポゼッションも高く、

セットプレーも安定していました。

本当に圧倒した前半でした。

強いて言うなら、

前半最後にとられたことと、

キックの後のディフェンスでしたが、

それを補う、

いや上回るアタックが見られたので、

本当に素晴らしい前半でしたね!

しかし、

頼れる男が帰ってきました。

その男は

キャプテン

マイケルリーチ。

やはりこの選手がいるといないとでは、

安心感、

相手に与えるプレッシャーが違います。

そんな選手が帰ってきたのは、

大きいですね!

さて、後半戦。

いや〜、ファーストプレー

驚きました。

が、最後の最後まで粘りました。

しつこく捕まえていたので、

相手のノックオン。

しかし驚きました。

一旦仕切り直し。

キックから早い仕掛けで

フィジーのカウンター。

これは見事に対応しました。

これ反応したのは

先程のマイケルリーチ選手!

結局トライとはなりませんでしたが、

これは見応えのあるプレーでしたね!

しかし日本はよく走る!

本当に強くなりましたよ。

大きくゲインされても、

逆サイドのウイングである福岡選手が最後タックルへ行って止めたり、

抜かれたときのディフェンスの

バックアップもしっかりしてましたし、

タックルの仕方も工夫が見られてましたね。

身体に行くタックルだけでなく、

ボールに働きかけるような

タックルをよく行ってました。

やはりよく鍛えられていることが分かります。

スポンサーリンク






タックルで言えば、

13番センターのラファエレ選手、よくタックルにいってましたね。

タックルして、

相手を倒して

すぐに自分は起き上がって、

つぎの働きかけ。

素晴らしい。

センターって私の中では、

攻守の要。

ここがしっかりしているチームは強いんです。

大きく崩れない!

さて、

しばらく硬直状態でしたが、

ディフェンスからプレッシャーをかけて、

相手のミスを誘い、

その後14番松島選手が

ドリブルからのトライ!

えっ?

ドリブル?

そうです。

ラグビーにもドリブルはあります。

ラグビーのドリブルって難しいわけですよ。

楕円球ですからね。

でも、

これって

練習したら、

ある程度コントロールできるんです!

ポイントはチョコっとけること。

ここは足の速い松島選手。

チョコっと蹴ってからのスピード勝負に持ち込んで

うまく相手がいない外側のスペースにコントロールしてのトライ!

素晴らしかった。

これで後半も先に得点でしたね。

その後はフィジーに綺麗にモールを組まれて、

本日2本目のトライを取られました。

同じことで二本取られたのは、

ワールドカップに向けての課題ですね。

まあ対応してくれるでしょう。

しかし、

日本も選手層が厚くなりました。

11番福岡選手に変わって、

23番レメキ選手。

8番マフィ選手に変わって、

19番ファンデルヴァルト選手。

2番堀江選手に変わって、

16番坂手選手。

3番ヴァル選手に変わって、

18番木津選手。今回初キャップ!

後半20分を過ぎて、

体力の消耗がさらに激しくなるので、

戦術的交代。

この交代ができるということが、

今の日本の強み!

本当に層が厚くなりました。

あ、9番茂野選手も

21番流選手に変わってましたね。

失礼しました。

しかし、

日本本当に強くなりました。

しつこくなりました。

先程も言いましたが、

タックルの工夫が素晴らしい。

前回ワールドカップのさいの課題として、

外国チームの

オフロードパス(倒れながらつなぐパス)

対策がありましたが、

今回は見事!

タックルに入った後の周りの選手のコースの潰し方がうまい。

あれはオフロードパスでつなぐのは難しい!

さすが対応してますね!

スポンサーリンク






しかし、

5番トンプソン選手、なんと38歳!

4回目のワールドカップ出場濃厚の

この選手。

攻守にわたっての

献身的な働きは、

本当に目が潤んできます。

メチャメチャ走ります。

どこでもいます。

4番5番はロックというポジションですが、

このロックは職人であり、

ラインアウトの要であります。

そして何より、このロックがしっかり働くチームは

本当に強い。

私はそんなイメージをロックに持ってます。

本当にトンプソン選手。

涙が出るほどのあの働き。

声もずっと出してます。

皆さんご注目ください。

さて15番トゥポウ選手に変わり、

22番松田選手も入りました。

経験値積んでますよね〜。

ジョセフ監督素晴らしいチーム作り。

若い選手は試合に出ることが一番。

最後に1番プロップの稲垣選手に変わって、

17番三浦選手も入りました。

この木津、三浦選手の若い両プロップ陣。

今後の日本ラグビーを背負って立つと言っても過言ではないですね。

私はスクラムあまり分かりませんが、

とても駆け引きが有ると聞きます。

本当に経験が大切らしいです。

なので、

若手に経験を!

な訳ですね。

残り10分を切っても

よく走る。

集中力も切れていない。

本当にすごく鍛えられてますね。

最後ラインアウト、スクラム、

とありましたが、

最後まで気を抜かず

最終的に

34-21で勝利!

やはりタフな試合でしたが、

この大会前はやはり勝つことが一番。

そして課題もありますが、

若手の選手も経験をら積むことができた本当にいい試合でした。

しかもお客さんも良かったですね。

さすが釜石市!

皆さんにラグビーが根付いている!

いい盛り上がりでしたね。

最後の田村選手、松島選手、マイケルリーチ選手のコメントしみますね。

相手への敬意、

釜石の方への温かなコメント、

そして冷静な分析。

本当にラガーマンというのは、

すがすがしくあり、

紳士なのだな。

ということを感じました。

こういった意味でも、

日本のラグビーが進歩しているなぁと思います。

さて、強敵であり、

世界ランキングも、

上のフィジーに勝てたことは、

自信につながりますね。

そして見ている側も、

日本代表を信頼できますよね。

本当にいい試合だったと思います。

スポンサーリンク






個人的にも満足した試合でした。

では失礼します。
スポンサーリンク




-ラグビー

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.