フィギュアスケート 宇野昌磨選手

宇野昌磨選手5回転?

投稿日:


さて、

今回はこちらの動画

すごいですね。

こういう動画というか

チャンネルがあったのですね。

さすが世の中広い。

さていきましょう!

https://youtu.be/rNYxriTq_jI

5回転ですか。

以前にこの虎王ブログでも取り上げましたね。

その再燃!

その時のことは

一時置いておいて、

宇野昌磨選手の言葉を参考にしながらいきますね。

スポンサーリンク






人間は可能なんじゃないか。

ジャンプは

高さがある人、

幅がある人、

回転力が速い人。

がいる。

その中でも

宇野昌磨選手は

跳べるというイメージを持って実行するということ以外に考えにない。

と言っているようですね。

私少し、

宇野昌磨選手のことを誤ってたようです。

世界最高峰のレベルなので、

イメージは大切にしていると思っていました。

しかし、

そのイメージはどちらかというと、

宇野昌磨選手の演技を構成する上では、

あまりパーセンテージが高くないものだろうと思っていました。

どちらかというと、

身体を鍛えて、

とにかく動いて、

下積みを構築していって、

動作を行うタイプと思っていました。

イメージを持ってというと、

また少し違いますが、

どちらかというと、

高橋大輔選手のような感じと思っていて、

宇野昌磨選手も、

高橋大輔選手も、

両選手とも

それは素晴らしすぎるのですが、

タイプとしては違うんだな。

と、

私は思っていました。

いやもちろん、

高橋大輔選手は

イメージというより、

より感性といった方が近いかな。

と思いますけどね。

いや、さておき、

こんな感じで思っていたので、

先ほどの宇野昌磨選手の言葉から、

イメージというキーワードが出た時には、

本当にびっくりしたのと、

また違う一面が見えた気がしてなんだか嬉しくなりました。

スポンサーリンク






さて、話は戻り、

続けていきますね。

えーっと、

4回転ジャンプの話が出てきてましたね。

なになに?

4回転ジャンプは

滞空時間が0.7秒以上必要で、

ジャンプの高さは50cm以上必要。

なるほど、

そうなんですね。

そして5回転ジャンプで一番大切なのは

回転速度!

その速さ400RPM!

なんだ?

その値は?

R=rotations

P=per

M=minute

なるほど、

1分あたりにどれだけ回転するか。

ということですか。

400RPMということは、

1秒間で考えると

つまりRPS

6.67となるわけですか。

1秒換算にすると、約6.7回の回転力が必要となるようですね。

一体どんな速度なんでしょう。

あまり参考にならない計算でしたね。

もし計算自体が違っていたらすみません。

さて、少し探してみました。

なんだか探してみると

あるもんですね。

スポンサーリンク






まあみてください。

https://youtu.be/SKnKHt_Hb7A

いや、

驚きました。

一位って

村主さん!

しかもダントツで。

270RPMではないですか。

あの皇帝プルシェンコ氏を抑えて。

で?

驚きの400RPM?

すみません。

ここが私の弱いところ。

ジャンプ中の回転と、

スピンの時の回転と、

比べていいものなのでしょうか?

どなたか詳しい人がいましたら、

是非コメントください。

氷との摩擦が無いので、
違うものだとは思いますが、、、。

ただイメージとしては、

スピンの高速回転よりももっと速い回転力が必要ということは分かりました!

と、

数字をみると、

愕然としますが、

私のイメージからすると、

もちろん以前の私のブログで書いたように、

宇野昌磨選手全然いける!

と今でも思っています。

しかし、

宇野昌磨選手はこうも言われてますね。

とても難易度が高いので怪我をしかねない。

誰もやったことが無い未知の領域。

といっていますが、

それでいて最後に、

一人が成功したらたくさんの人が跳ぶようになる!

拡大解釈かもしれませんが、

これは諦めた発言では無いと私は思いました。

いやもちろん。

今シーズンはその余裕はないでしょう。

メインコーチはおかずにチャレンジするということ。

そして多分今シーズンのメインは3A+4T

そのための?

いやそれだけではないでしょうけど、

ジャンプは本田武史さん。

宇野昌磨選手には、

夢がある。

男として、

アスリートとして

託してみたい

夢が。

誰にもできない。彼にしかできないことを見せて欲しい!

とやっぱり思ってしまいます。

が、

これは勝手な思いであって、

動画中にもありましたが、

怪我をしかねないものです。

理学療法士として思えば、

リスクを冒すよりは、

完成度で勝負して、

感動する作品を見れる方を選びます!

なので、

でも、

夢は見てみたい。

ので、来シーズンもしくは3年後くらいまでには、

みてみたいな〜。

と思います。

いろんなことを差し引いた考えだけいうと、

やはり宇野昌磨選手は

5回転ジャンプは可能だと思いますよ!

ただし、

それだけすれば、ということに限局しましょうか。

なので、

やはり今シーズンは

宇野昌磨選手が今後につながるものであり、

人生においては、

とてつもなく有意義なものだったと言えるシーズンにしてもらいたいですね。

あれ?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

タイトルと締めが合わない、、、。

すみません、

なんだか

わけわからなくなりましたね。

スポンサーリンク






では、混乱したところで、

この辺で失礼します!
スポンサーリンク




-フィギュアスケート, 宇野昌磨選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.