腰痛

腰痛 ケア方法編

更新日:

今回は、腰痛自己ケア編ですね。

今までとは、ちょっと違ってですね。

自分が辛い時、もしくは家族でもいいです。

腰痛が辛い時の対処法をいきましょう!

考え方は前回の通りなので、要は血流を改善していかないといけません。

なので、その方法をいきましょう!

スポンサーリンク




簡単でおすすめなのは、

仙骨のところに

「貼るカイロ」

を貼るです!

人には必ず温めたらいいポイントが3箇所あります!

その一つが仙骨のところですね。

あとの二つは

「肩甲骨の間」

「後頭部」

ですね。

この3箇所はこの後のブログでも度々出てくると思いますので、覚えといてくださいね!

貼るカイロを貼ると、それだけで温かくなって気持ちいいですよね。

あ、貼り続ける事での低温火傷にはくれぐれも注意してくださいね。

必ず使用上の注意を守って遣ってくださいね。

もう一つおすすめなのが、

昔ながらの方法ですが、やはり効果が高い

「腹巻き」

ですね。

簡単で且つ、有益!

これが一番です。

締め過ぎず、緩すぎず!

くらいの締め具合で、お腹周り

つまりは、仙骨周りを温めましょう!

私は、

色々と、勉強してきていますが、

この一年位前から、腹巻き生活ですね!

イメージはどっちかというと格好悪いような気がしますが、健康には変えられないというのと、最近はスタイリッシュなものがあるので、いいですよ!

効果としては、腹巻き生活前までは、体温が35.8℃だったのが、36.5℃となりました。36.8℃位になるのが理想なのですが、まずは良しです!

体温が上がったので、まずは、風邪にかかりにくくなりましたね。

体調もいいですよ。疲れにくいですし。

いいことづくしです!

是非試してみてください。

ちなみに仙骨周りというのは、

お腹で考えると、

「丹田」(たんでん)

というツボを温めることにもなります。

これがいいんですね。

最近はコアマッスルの話があったり、

古武術の話があったりと、時々聞く言葉かと思います。

おヘソから指2本くらい下にあるツボですね。

詳しい話は後日にしますが、動きの大元になりますし、少し視点を変えて見ると、腸を温める。ということにもなるのですよね。

この腸を温めると言うのが、また大切なのですよね!

腸はすごい臓器です。

働きとしては、

栄養の吸収

のイメージですよね。

実はそれだけでは無いのですね。

ストレスを感じるのも腸が関係しています。

ストレスを感じると、腸は硬くなって、動きが悪くなみますね。

と言うことは、温めておくと、腸の動きはいいことになりますね。

そうすると、栄養の吸収もいいですし、ストレスにも強くなると言うわけですね。

詳しいことは、後日書籍を紹介するのでその時にしたいと思います。

前に書いた、腰痛の原因の中に内臓と書きましたが、この辺りにも影響してくるので、楽しみにしていただきたいです!

さて、話があっちへ行ったり、こっちへ行ったりでいつもすみませんが、

「腹巻き」はいいですよ!

そして、貼るカイロも!

気になる方は是非やってみてください!

何しろすぐに出来て、簡単です!

これが一番ですね。

もう一つ凄く効く方法がありますが、

また後日に書籍の紹介に合わせて行いたいと思います!

まずは、貼るカイロ、そして腹巻き!

やってみてください。

では、またご質問などありましたら、遠慮なくお願いします。

今回もありがとうございました。

スポンサーリンク




-腰痛

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.