れいわ新選組 ラグビー 山本太郎

日本vsアイルランドpart2

投稿日:





さて昨日はすごかったですね。

一日経ってそのすごさがさらにわかってくるわけで。

本日はもうすこし違った角度から考えたいと思います。

それは、

前回ワールドカップの南アフリカ戦との比較!

です。

では早速いきましょう!

スポンサーリンク






前回の

日本vs南アフリカは

こんな展開でした。

日本は世界ランキング13位

対する南アフリカは3位

開始早々日本のターンオーバーから始まりました。

さて、点数の推移は

開始7分

日本ペナルティーキックで先制!

3-0

18分

南アフリカトライ&コンバージョン成功で

3-7

30分

日本のトライ&コンバージョン成功で

10-7と逆転

34分南アフリカトライ

コンバージョンは外れて

10-12

このまま前半終了。

後半に入り、

43分

日本ペナルティーキックで

13-12と更に逆転!

44分

南アフリカトライ&コンバージョン成功で

13-19

ここでマフィ選手投入!

48分

日本ペナルティーキックで

16-19

53分

日本ペナルティーキックで

19-19と同点!

56分

南アフリカがペナルティーキックで

19-22

このペナルティーキックで流れが変わりましたね。

会場からはブーイング。

59分

日本ペナルティーキックで

22-22

62分

南アフリカトライ&コンバージョン成功で

22-29

69分

日本トライ&コンバージョン成功で

29-29

72分

南アフリカペナルティーキックで

29-32

78分

南アフリカペナルティーでレッドカード!一人退場

日本ヘルケス選手投入!

80分

日本ペナルティーでスクラムを選択!

83分

日本奇跡の逆転トライで

34-32の逆転勝利!!!

と言う試合展開でした。

スポンサーリンク






さてそれでは、

今回のアイルランド戦を同じようにいきます。

日本代表は世界ランキング9位

アイルランド代表は世界ランキング2位(大会開始時は世界1位)

開始5分

日本ペナルティーキックのチャンス獲得するが外れる

0-0

14分

アイルランドキックパスからトライ

コンバージョンは外れて

3-5

17分

日本ペナルティーキックで

3-5

21分

アイルランドまたもやキックから

トライ&コンバージョン成功で

3-12

30分

マフィー選手に代わりリーチマイケル選手交代

35分

日本ペナルティーキックで

6-12

39分

日本ペナルティーキックで

9-12

前半終了間際攻め込むも

得点ならず

9-12のまま前半終了。

後半に入り

60分

日本変わった福岡選手のトライ&

コンバージョン成功で

16-12と逆転し主導権を握る

71分19-12

終了間際

福岡選手のインターセプトでビッグゲイン!

試合終了!

こういった展開でした。

どちらも凄い激闘でした。

間違いなくラグビー史上に残る名試合ですね。

スポンサーリンク






さて、

2つの試合の違いは?

南アフリカ戦は、

日本のデータが少なかった。

が、アイルランドは

日本が強いことを知っていた。

開催地が日本であった。

この2つがありました。

つまり

アイルランドはかなり入念に

試合への準備をしていたはずです。

そのために、

キックパスで序盤攻めていました。

それが的中し、

一時は3-12となっていたわけですね。

しかし日本は強かった。

今までの試合とは、

まさに別チーム。

集中力が違いましたね。

豊富な運動量を武器に

ダブルタックルで相手の攻撃をことごとく止め、

セットプレーで優位に立ち。

反則を絶対にしないことで、

じわじわと相手へプレッシャーをかけて行きました。

しかもその運動量は衰えない。

まさに前回大会の南アフリカ戦を

彷彿させていました。

試合に対する準備は完璧で、

各個人のパフォーマンスも最高でしたね。

決して無理をせず、

仲間を信じてプレーし、

必ず勝つと本当に信じてプレーしていたと思います。

日本代表の選手とスタッフは

本気で勝つと信じて、

この試合に臨んでいましたね。

試合後の各選手のコメントを聴くとその本気さがまざまざと伝わってきます。

そして

ジャイアントキリング達成!

本当に素晴らしかったです。

信じる力!

諦めない心!

やり抜く強さ!

日本代表は本当に強い。

この勝利で

世界ランキングも過去最高位を更新し

何と8位!

これまだ上がるでしょうね!
スポンサーリンク






さて、

試合は終わり、

観客席が映った時に、

アイルランドのファンの方々が、

拍手をしていたシーンがありましたが、

ジーンときましたね。

これぞラグビー!

ノーサイドの精神!

負けて悔しいと思いますが、

それ以上にお互いの選手の

素晴らしさを讃える!

とても素晴らしい一幕でした。

さて、

この勝利で

日本は9ポイントとなり、

Aグループ首位です。

ポイントとなる相手は

スコットランド。

スコットランドは明日

サモアとの試合があります。

いや楽しみですね。

スコットランドとしては4トライ以上のボーナスポイントを獲得しに

果敢に攻めていくでしょう。

いや、

取らないとまずいわけです。

このプレッシャーがどう影響するか。

スコットランドとしては、

残りの試合、

5点ずつ獲得して、

15点取りたいはず。

これ普通に試合をしたら、

順当に行けば可能だと思います。

が、

先ほど書いたように、

必ずプレッシャーがかかる。

この時何が起こるか。

見ものですね。

対する日本は

現在に試合を終えて

9点獲得。

そしてサモア戦も間違いなく勝利すると思うので、

少なからず13点は硬い。

多分ボーナスポイントも獲得できるはずなのでほぼ14点はいけるでしょう。

つまりは

最終スコットランド戦前では、

日本14点

スコットランド10点?

(順当に行けばですね)

となっているはずです。

アイルランドは?

と言うと。

現在1勝1敗ですが、

ボーナスポイントがあり、

6点。

残り2試合間違いなく5点取ってきます。

つまりは最終戦を終えて

16点獲得しています。

つまりは

日本がスコットランドに勝てば

少なからず18点

これで1位通過です。

スコットランドが次のサモア戦に

ボーナスポイントを獲得すれば試合前の段階で10点のはずなので

(ロシアには5点獲得しているという想定で話をしています。ロシアファンの方すみません)

スコットランドとしては何が何でも勝ち点をとらないといけません。

スポンサーリンク






さてここで考えましょう。

日本14点

スコットランド10点

アイルランド16点

仮にスコットランドが4トライ以上で勝てば15点

そもそも日本戦の前に9点だと日本に勝っても14点。

さて、対する我ら日本は、

もちろん勝てば文句無しトップ通過!

もし負けても?

7点以内での敗戦の時はボーナスポイントが1ポイント付いてきます。

つまりは7点差以内であれば

負けても15点。

ちなみに4トライ以上すれば

これまたボーナスポイントで1点。

つまりは負けても4トライ以上していたり、7点差以内の敗戦であれば

結果ポイントは15点になる。

さて、

今一度スコットランドに戻ると、

つまりはこのサモア戦でボーナスポイントが取れるか取れないかが

非常にポイントとなるわけですね。

常にこのプレッシャーがかかり続けるわけです。

もしも、

サモア戦もロシア戦も

ただの勝ち点だけ、

つまり8点しか取れなければ、

そのまま日本は初の決勝ラウンド進出です!

決して他力本願というわけではありませんが、

日本代表は

このアイルランド戦の勝利で

決勝ラウンド進出への切符をかなり手元まで近づけたと言えると思います。

え?

そんなにうまくいくかって?

それは

物事に100%ということは

ありませんが、

かなりの確率でいけると思います。

それは、

昨日行われた

ウェールズvsオーストリアの結果から

私は考えています。

ウェールズvsオーストリア

29-25

この試合も歴史に残る名勝負でしたね。

本当に意地と意地のぶつかり合い。

優勝候補同士が試合をするとこうなる!

って言うとても内容の濃い試合でした。

が、

何が言いたいかと言うと、

アイルランドは

そのウェールズよりも世界ランキングが上。

そのアイルランドは

スコットランドに完勝している。

そのスコットランドは

かなりのプレッシャーがかかる中

戦い続け、

かなりの消耗がある。

日本は自国開催で

観客の皆さんのとても熱い応援がある!

何より、

本当に強い!

スコットランドは勝たなければならないし、

4トライ以上取らないとならない。

つまりは大胆に攻めなければならない。

この強い日本に対してです。

日本は自分たちのスタイルで普段通り試合をすればいいわけです。

この差は本当に大きい!

そして多分

普通にスコットランドに日本は勝つはずです。

初の4勝!

これを引っさげて

初の決勝ラウンドへ!

と、私は思っています。

しかし、

日本代表の選手達はそこでは終わらないつもりみたいですね。

アイルランド戦の後のコメントで、

決勝進出を。

と言うと言葉がありました。

私は正直そこの意識は無かった。

いや日本代表の選手の方々に申し訳ない。

描いているビジョンが違いました。

本当の決勝進出を意識している日本代表は

本当に強いです。

本当に楽しみですね。

これからの試合を本当に楽しみにしていきたいと思います。

さて、

最後に

日本代表には

本当に勇気をもらっています。

諦めない心。

信じる心。

これは現状の日本にも言えると信じています。

この妙な外国の言いなりの政権を打破できる。

暗い世の中ではなく、

明るい未来が待っている、

信じて行動すると

結果が待っている!

山本太郎さん、

れいわ新選組の皆さんに伝わってほしい。

少し土俵が違いますが、

そう思いながら見ています。

本当にラグビー日本代表に

勇気をもらっています!

届けこの思い!

スポンサーリンク






では、

失礼します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

スポンサーリンク




-れいわ新選組, ラグビー, 山本太郎

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.