耳ツボ

耳ツボ(神門の付け足し)

更新日:

統合医療を実践する理学療法士こと、虎王です。今回も耳ツボの話です。

前回、神門の話をしましたが、もう少し補足します。

神門の名前は

神の通る門と言うように、古来から呼ばれていたのだそうです!

もう名前だけで本当に凄いですね!

効果は自律神経の調整です。

場所は三角窩の後ろの方ですね。

詳しくは写真を参考にしてください!

この神門は実は

脳幹(特に視床下部)に対応するツボなのです。

脳幹と言うと、

生命維持と考えるといいですかね。

呼吸、体温調整、食に関することなど、生命活動の基本を調整する脳なわけです。

その中でも視床下部という部位は、自律神経の司令塔と言われています。

そのため、神門を刺激すると、自律神経を整えることができるわけですね。

スポンサーリンク





さて、前回耳を引っ張ると脳にも良いと言いましたが、もう少しこちらも補足です。 脳は頭蓋骨で守られています。 脳は直接は触れません。 しかし、 「耳は、頭蓋骨の外に飛び出した脳の一部」と、言われています。 つまりは、耳を引っ張る=マッサージする。ということは、耳をマッサージすることで、脳へのマッサージを行なっていると同じようなものですね。こう言われてます。 ところでなぜツボを押すと、症状が改善するのかというと、 ツボを押すと、脳が異常が起きたと勘違いするらしいです。すると脳は、その異常を修復するために、その部位に血液を大量に送るようになっているのだそうです。 擦り傷などの怪我をした時も同じですね。 人間の体は血液を介して、栄養を送り、老廃物を循環、臓器で濾過して、排出しているわけですね。 これは細胞レベルで行われています! 流れが悪くなるということは、栄養がまわらないですし、老廃物は溜まりますし、溜まるということは、むくむということなので、見た目も悪くなりますよね。 お肌でいうと、カサカサになってしまうわけです。 擦り傷や切り傷は治りが悪くなるわけです。また、痛みもとれないですね。 と、身体に良くないことばかりですね。 なので、何回も言いますが、血流はとても大切なわけです! 話が行ったり来たりですが、ツボを押すと、つまり血流が良くなるわけで、血流が良くなるということは、身体の調子が良くなるというわけですね! 神門を押しながら、引っ張ると、より効果的ですね! 皆さんツボを押して、血流を良くさて、元気になりましょう! ちなみに話は逸れますが、神経とは、 心の通り道 と言う意味なんだそうですよ! さて、今回は神門の補足をしましたがどうだっただしょうか?

興味がある方は下の本読んでみてください!

スポンサーリンク
それでは、いつでもご意見、ご質問お待ちしていますので、よろしくお願いします! では、また次の記事で!失礼します。

スポンサーリンク





-耳ツボ

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.