書籍紹介 統合医療

統合医療って

更新日:


どうも

統合医療を実践する理学療法士こと虎王です。

今回は?も?

統合医療について。です。

というか、虎王が今までの自分の経験を振り返って、何かしら参考になればいいなと思います。

さて、統合医療と言うと、というところは、今まで何回か書いてきました。

一般的には、西洋医学があって、その他の医療(東洋医学、中医学(中国の医学)ヨガ、鍼灸、ピラティスなどなど)は補助的な役割ですね。

厚労省が発表してます。

では、実際はどうか。

これは、なかなか難しい問題なのかもしれません。

というのも、病院で行う所謂リハビリと、外来リハビリでも違います。

個人で行われている方や、整体や鍼灸の方は東洋医学が中心となるでしょうから、大きく違いますね。
スポンサーリンク






さて、話は少し置いておいて、実際のところはどうか。ということが肝心ですね。

まあ、個人的な感想であったり経験を話していきますね。

個人的には、やはり統合医療がこれからの医療には大切であると思います。

つまり、西洋医学だけとか。

東洋医学だけとかでは、足りないと思うわけですね。

西洋医学は科学的視点から物を見たり、考えたりすることが得意ですね。

レントゲンや、CT、MRIなどがそうですね。

目に見える物をなんとかするのが西洋医学ではないかと思います。

傷口や、骨折、靭帯損傷などがそうですよね。血液検査の結果で、病気を調べるというのも西洋医学ですね。

さまざまな検査をし、その結果に対してアプローチですね。

つまりは、

皮膚の怪我には皮膚へ。

靭帯損傷には、靭帯へ。

筋膜の歪みには、筋筋膜へ。

凝りや、筋肉が硬くなっていたら、筋肉へ。弱くなっていたら、筋トレ。

痺れなどには、神経系へ。

関節が硬くなっていたら、関節構成体へ。

血流が悪かったら、自律神経系か、血管へ。

と言ったように、その問題に対して、アプローチしていくわけですね。

そして、東洋医学というのはですね。

( まあ、正確には私の場合は中医学と、東洋医学なのですが、、、。)

目に見えていないものを捉えて、アプローチする!って感じですかね。

そこで大切なのが、「気の流れ」

ですね。

多くの人が(気って???) となると思います。

気を科学的に証明をしようとする番組は少々前に時々ありましたね。

音波、遠赤外線、などで実験をしていましたが、いずれもちゃんと証明できていないのが現状ですね。

施術者と、施術を受ける人の体温は上がることは、確認されています。今まで時々書いていますが、体温が上がるということは、とても大切なことなんですよね。

血流が良くなって、ホルモン分泌が良くなって、免疫力があがるわけです。

血流が良くなり、ホルモンの分泌がよくなれば、自然治癒力が向上します。

免疫力が上がれば、病気になりにくくなります。(がん細胞もやっつけてくれます。ちなみにがん細胞は毎日身体の中で誕生し、免疫機構の働きで、やっつけてくれているものです。そのため、免疫力が低下してしまうと、がん細胞が増えていって、所謂ガン。ということになるわけですね。)

つまりは、科学的には証明されてはないですが、体温を上げることができるという結果は出てるわけです。ですので、気というものはとてもすごい力を秘めているわけですね。

スポンサーリンク






さて、話は戻りまして、「気」については、これは今の科学が追いついていないだけなのかもしれないですよね。

そして、意外と証明しなくてもいいのではないかとも個人的には思います。

というわけで、まずは有ると思うところからですが、私としては、「気」の存在を肯定しています。

それは、臨床を重ねると、どうしても腑に落ちないことが出てくるわけですね。

いいことも、悪いこともです。

いいことについては、自分が勉強や、研究不足ということでいいのですが、悪いことについてはなんとも言いようが無くなりますね。

ただですね。

「気」を使い出してから、そのわけがわからず、良くならない状態が激減しました。

「気」を使い出したら、と書くと何やら怪しいことをしていると思われると思いますが、

正しくは「気」を診だしてから、というところですね。

「気」を診るということは、なんといいましょうか、その人のバイタリティーといいますか、人によっては生体エネルギーと言ったり、オーラと言ったり、波動?と言ったりのようですが、そのようなもので、その人個人のイメージで表現が変わってくるのでしょうね。

例えがどうかわかりませんが、ドラクエで言うところの、HPみたいなものと捉えるとわかりやすい?ですかね。

元気さ、みたいな感じと言えば、よりわかりやすい?ですか?

余計に混乱しますかね?

まあ、個人のイメージにお任せするとしましょう。

下に気についての本をご紹介しておきます。興味のある方は是非どうぞ。
今まで色々な本を見てきましたが、気功のちゃんとしたやり方を書いているのは、私が見た中では、この本だけです!オススメですよ!
さらに詳しくはまた、今度書きますのでよろしくお願い致します!

スポンサーリンク






さて、続きです。

まあ、なんといいますか、損傷部位に関しては、西洋医学にて診察し、原因を特定しますね。

そして、その部位に応じてアプローチしていきます。

そして、それ以外の症状については、つまり、損傷部位は落ち着いている(治癒している)けど、痛みがあるとか、自律神経系の症状が続いているときは、気を診て、東洋医学的アプローチですね!

適材適所!です。

何でもかんでも、西洋医学に当てはめず。そして分からないからと言って、安易にわけのわからないものに手を出すのではなく、

◯には◯。

△には△。

□には□。

というわけですね。

さて、少々ながくなりましたが、今回はこの辺りで失礼します。

内容が内容だけに

???

の方が多いかもしれないので、どうぞご遠慮なさらずにご意見、ご質問ください。では、この辺で。

次回は、もう少し続きを行きたいと思います!

気の見方、アプローチの方法の基礎辺りまでいけたらいいですね。

では、今回もありがとうございました。
スポンサーリンク






-書籍紹介, 統合医療

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.