高橋大輔選手

姿勢について〜ジャンプにつなげるために〜

更新日:

さて、今回は横から見た姿勢について話していきたいと思います。

そして、それがジャンプにどう繋がるか。もちろん高橋大輔選手の話になりますよ!

スポンサーリンク





前回の話については、

姿勢について

をご覧ください!

さて、では早速見てみましょう。

両方載せた方が分かりやすいので、

前方、側方ともに載せてます。

さて、赤線が上記のようにキレイに一直線になるのが、良い姿勢。と言われます。

まずは、これが基本です。

ポイントはいくつかありますが、

足首より少し前に重心線がくるということを覚えておいてください。

そして、足首より少し前に、股関節が乗り、膝が乗り、頭が乗るわけです。

感覚としては本当に乗せるような感覚が分かりやすいと思います。

スポンサーリンク





余談になりますが、肩凝りや、腰痛がある方は、すこし意識してもらうだけでも楽になることがありますよ!

ちなみに気になる方は

虎王ブログ中にも、腰痛についてはありますので、良ければどうぞ。

すみません話がだいぶそれましたね。

さて、この乗せる感覚がわかれば次です。

ここからが4スタンス理論でAタイプ、Bタイプでかわってくるのですが、

高橋大輔選手はAタイプなので、Aタイプの話をしていきますね。

足の上に乗せる感覚の次は、その状態で膝に力を入れる感覚を養うことです。といったもの、膝を意識するくらいで十分です。

この膝とみぞおちの位置が一直線上にあるのがAタイプで良いわけですね。

となると、上にある良い姿勢とは、すこし違ってきます。

???

となると思いますが、これは仕方のないことです。

どういうことかと言いますと、

上の写真は止まっている時。

つまりは基本的には筋収縮が起きていないとき。(厳密には収縮していますが)

4スタンス理論の話の時は動いている時、つまり筋収縮が起きている時の話と思ってください。

そのため、

重心位置はすこし変わってきます。

そのため意識するところが出てくるわけですね。

膝の延長上にみぞおちです。

足では、足首よりすこし前から、更に少し前になりますね。

足の指の骨の根元あたりと思ってください。

ここに膝とみぞおち、そして首を乗せると動作中の良い姿勢が完成します。

あとは、動作によって必要な力が変わってきますから、膝の角度であったり、身体を倒す角度が変わってきます。

それでも、重心線を乗せる場所は変わらないわけですね。

ここに乗っていれば身体をうまく使うことができるわけです。

そしてこれをスケートジュースの上で行うわけですね。

前にも書きましたが、とてもすごいバランスですよね。

そして、こう考えると、

膝の柔らかさの大切さがよりわかってくるかと思います!

右膝の前十字靭帯断裂がありましたが、リハビリとその後の血の滲むような努力、練習で今の高橋大輔選手の動きがあるわけですね。

柔らかい膝、そして強靭な筋力、絶妙なバランス。

どれを取っても高橋大輔選手は超一流であると思います。

このとてつもない下半身があるから、上半身を自由に使えて、豊かな表現に繋がるわけですね。

さて、いよいよ復帰第2戦ですね。

体力面、精神面も間違いなくパワーアップしていると思うので、第1戦よりすごい演技が観れるのでないかと思います。

では、今回はこの辺りで失礼します。

はやる気持ちを抑えながらたのしみにしときましょう!

スポンサーリンク





-高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.