高橋大輔選手

高橋大輔選手について〜復帰第2戦〜

投稿日:

高橋大輔選手そして応援している沢山のファンの皆様本当にお疲れ様でした。

何でしょうか、何と言いましょうか。

とても不思議な感覚なのは私だけでしょうか。

復帰初戦と言うのは、本当にその場に高橋大輔選手がいるとこ自体がある意味不思議した。(嬉しすぎるわけですが、これ本当に本当なんだろうか。ちょっとした夢ではないだろうか。ドッキリではないだろうか。というような感覚がありました)

今回は、もうリアルでしたね。

間違いなく、高橋大輔選手として存在している!という実感が始めからあるわけです。

この感覚がなんとも不思議で仕方がなかったです!(もちろん嬉しい意味で)

スポンサーリンク





さて、やはりというか、流石というか。

素晴らしい。

何をとっても、誰が見ても。

今回は演技だけ考えると、かなり大きな課題を課した試合だったのではないかと思いました。

間違いなく明日を見据えての演技だったように思います。

ということは、やはり最終戦を本気で狙っているということでしょうね。

そんな風に私は感じたので、その瞬間の鳥肌というのは壮絶さ、さえありました。

10月の初戦はどれくらいできるのだろう。

という試しの要素が大きかったのではないかと思いますし、実際そうだったと思います。

何しろ4年ぶりですもんね。

そして、結果が出て、そこから現実を冷静に見つめて、そして今後の目標を再設定しての今日の演技だったのでしょうね。

スポンサーリンク





今回は、落ち着きの中に、柔らかさがあり、しかしはっきりとした意思がある演技だったと思います。

膝の柔らかさは健在!

怪我の影響はなし!といったところでしょう!

私が注目したのは、やはりジャンプですが、今回はかなり余裕を持ってジャンプの入りを意識したのではないかと思います。

どのジャンプも柔らかい入りだったと思います。

それ故に、コンビネーションジャンプのところだけ、2回目のジャンプの入りが、緩くなってしまいましたね。

どういうことかというと、1回目のジャンプの入りのスピードをほかのジャンプと同じで入ったと思うのです。

なので、そのジャンプ自体は完成度の高い、ゆとりを持ったジャンプになるのでとても素晴らしいジャンプだったと思います。

しかし、2回目へのスピードが足りなくなりましたね。

今回画像はすみませんありませんが、2回目のジャンプは膝がみぞおちの前に出てしまってたように見えました。

そこが力がうまく伝わらずに、着地でバランスを崩すことに繋がったんのでしょうね。

まあしかし、

そんなミスは小さいことでしたね。

動作の準備は完璧であったと思いますし、何よりやはり点数が初戦より伸びている。

さらに余力を残した状態であることもかなり大きいですね。

そう考えると、明日はより一層期待が持てますね。

そして、今後のプログラムにもかなり期待が持てそうですね。

身体のキレから見ると調子も良さそうですし、メンタルもかなりタフな状態になってそうです!

さすが、さまざまな経験をしたことが本当に活きているのだなと思います。

さて、それでも今日は疲れがあるでしょうが、次を見据えてはいると思いますが、明日は全開で更なる感動を与えてくれるのではないかと思い、今から楽しみです。

生や、ライブで見ることができませんが、一つ一つの動きを目に焼き付けて、応援していきたいと思います!

それでは、明日の演技を心待ちにしながら、この辺で失礼したいと思います。

今後は明日の感想。そして初戦同様、

第2戦のSP、FPとの動作の記事と書いていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

では、今回もありがとうございました。
スポンサーリンク





-高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.