高橋大輔選手

高橋大輔選手〜復帰第2戦FP〜

投稿日:

復帰第2戦FPの詳細です!

早速いきましょう!

いいアップができていたんでしょうね。

軽く息が弾んでましたね。

はい、ポーズとこの表情。

完全に勝負師の顔してますね。

しっかりとこの動作は胸から動けてましたね。

Aタイプは身体の前面を使うのがポイントでもあります。

最初のジャンプですね。

軸は取れていたと思うのですが、ジャンプに入るときの膝の曲がりが少し浅かったでしょうか。

スポンサーリンク





その分着氷が少し乱れてしまいました。

始めだったので少し緊張があったのでしょうね。

高橋大輔選手自身も、言ってましたね。

ジャンプで落ち着いたのでしょう、その後滑りはしっかりと軸がとれていていい滑りでしたね。

続いてコンビネーションジャンプ

一つ目のジャンプは肩の力が抜けていて(いい感じに肩が落ちているように見えて、肘の高さもいいですね。)うまく上半身がリラックスしているように見えます。

ジャンプも良くて、着地も

足、膝、みぞおちの位置が決まってますね。

そのため次のジャンプのいい準備となり、二つ目のジャンプも決まりました!

このジャンプは私が見るに完璧なジャンプでしたね!

ジャンプに入ったときの、

前側の足の位置、後ろ足の伸び方、まさに完璧!

ジャンプも良かったです!

着地も言うことなし!綺麗な着地だったと思います。

スピンも良いです。

膝も良く曲がって腰が落ちています。

他側の足は綺麗に伸びてますね!

ハイ、ポーズ!

ここからの手の動きはまた良かったですね!

すみません画像出してなかったです。

あのキックポーズも変わらず好きですね!

ステップも落ち着いた感じでした。

踏み切りもなかなかでしたね。

空中姿勢もいいです。

着地もまずまずでした。

コンビネーションジャンプ。

一つ目のジャンプの入りが少し膝の曲がりが少なかったですね。

二つ目のジャンプはいけましたが、着氷が乱れました。

この辺りから疲れが目に見えてきましたね。

少し前のめりで入ったように見えましたが、ジャンプ、着氷ともうまく決まりました。

すみません、ここのコンビネーションジャンプの画像怪しいです、、、。

違ったらすみません。編集中に睡魔が、、、。なので、重複していたり、違う場面の画像だったらすみません。

スポンサーリンク





さて、入りの膝の角度は少し浅かったですが、コンビネーションジャンプ自体はしっかりしていたと思います。

スピンは言うことなし!

ここからのステップはもうカッコいい!

そしてあの迫力!

言葉では言い表せないスピード感。

画像ではすみません、表現できないです。

皆さま、動画で楽しんでください!

注)この記事には動画はありません。

あのスピードがついたスケーティングなので、あの驚異的なエッヂが利かせられたのですね。納得しました!

そして最終スピンからの〜

ダーッ!

高橋大輔選手本当にお疲れ様でした。

身震いするような感動をありがとうございました。

そして優勝おめでとうございました。

本当に見るたびに発見があり、

そのスケーティングに驚かされます。

そして、本当に曲を大切にしているのだな。と思いました。

細々と曲に合わせて両上肢を突き上げたり、細かく動かしたり、ステップを合わせたりしているのですね。

正直今まで他の選手を見ていても気がつきませんでした。

やはり高橋大輔選手は違いますね。

こういうところがファンだけでなく、後輩が見習いたくなるポイントなんでしょうね!

さて、今回も動きがかなり良くなりすぎていて、編集が追いつかない状態が多々あり、見えにくかったり、見えようによっては軸がずれて見える場面があるかと思いますが、コメントの方が正しいですので、コメントと、画像が合致しない場合はコメントを優先していただければと思います。

では、この辺で失礼します。

次回は、ツイッターでは、

近畿大会と西日本大会の比較とツイートしましたが、その前にリクエストがきましたので、そのリクエストにお応えしたいと思います。

では、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーリンク





-高橋大輔選手

Copyright© 虎王(tigeroking)ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.